目を大きくするマッサージ

目を大きくしたいという方は多くいらっしゃるでしょう。
しかし、生まれつきのものだから仕方ないと思っている方がほとんどです。

自力で目を大きくする方法の情報探しはそれほど難しくありません。

目自体を大きくすることはできませんが、マッサージによって外見的に大きく見えるようにすることは可能です。
寝起きや寝不足が続いたときにまぶたが腫れぼったくなっていてそのせいで目が小さく見えるという経験は誰にでもあるでしょう。

これの逆のことをすればパッチリとした印象になります。なぜ腫れぼったくなるのかというと、血行が悪いことによって老廃物がたまりそれが腫れているように見えるという場合があります。



その他に塩分のとりすぎにより、身体が多くの水分を蓄えてしまっているため、まぶたにも水分がたまり腫れているように見えるという場合もあります。

話題になっているM3Qに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

まぶたというのは全身のほかの部分に比べて非常に薄い皮膚になっているので少しの変化がすぐに現れる場所なのです。


そのため、血流をよくしてあげることによって、問題は解決します。

目の周りのマッサージだけではなく、全身のマッサージが必要です。

まずは目元を強くおして刺激を適度に与えることが効果的です。

その後は耳の裏、顎の下、鎖骨など徐々に顔から身体に移っていって下さい。
いずれの箇所も血流が滞りやすい場所ですので入念にほぐしてあげるとよいでしょう。


手の指先、ふくらはぎ、足の指と全身をマッサージしたのちストレッチなども取り入れることでより血流がよくなるので、効果が促進されます。以上の様にまぶたや顔だけを中心にするのではなく、血流のことを考えて全身を行うことを念頭にマッサージを行うと効果が期待できます。