目を大きくするためのマッサージ方法

目が小さいことをコンプレックスに感じている方は少なくありません。

珍しい頭皮柔らかくの情報といえばココです。

メイクで大きく見せるのには限度があるため、美容整形しか手段がないと考えてしまいがちですが、その前に自力でできることとしてマッサージがあります。

目を小さく見せてしまう原因の一つにまぶたのむくみやたるみがあります。

元々、まぶたがはれぼったいという人はもちろんですが、昔よりも小さくなったと感じている場合、眼精疲労によって血行が悪くなりむくんでしまっている状態や加齢によってまぶたがたるんでしまっている状態が考えられますので、まぶた周辺をマッサージすることで目を大きく見せることができるようになるのです。その方法ですが、まず上まぶたの眉頭の下あたりに中指の腹を置いて、そこから眉尻に向かってゆっくりと小さな円を描くようにマッサージをし、眉尻まできたら同じように眉頭まで戻していきます。



上まぶたが終わったら下まぶたも同様にマッサージをします。

お手軽のFC2まとめに関する特集が満載です。

またおでこの筋肉が強張ってしまうと顔全体の皮膚が垂れ下がって目を小さくみせてしまいます。

そうならないようにおでこの筋肉をほぐすことも重要です。こめかみに人差し指、中指、薬指の腹をあてて、3本の指で皮膚を上に押し上げるように動かしながら、徐々におでこへ近づけていき、両手の指がおでこの中央であたったら1セット終了です。上まぶた、下まぶた、おでこの3つのマッサージを1日5回程度やることで、まぶた周辺や顔の皮膚を引き上げて目を大きくすることができるのです。